• 三遊氣スクール

新しい試みへ


三遊氣School学長の東谷です。


コロナ緊急事態発令に伴い

残念ながら

8月休校となりました。


この4月から

低学年(年長さん~小学2年生)の部

高学年(3年生~6年生)の部と

クラスを分け

各月で活動をしています。


スクールを立ち上げて

6月で3年目に突入しましたが

コロナ緊急事態によって

トータル半年活動停止状況となり

実質1年半の活動のなか

生徒さんの横のつながりで

生徒数が30人を超えました。


しかしながら2か月に一度では

本当に触れてほしいことが学べません。

そこで

月2回の開校をずっと考えていたのですが

講師陣が本業をもっているため

なかなか難しく・・・・


参加人数も多くなってきて

なかなかひとりひとりの

生徒さんに思いが届いていないのが

実情です・・・


そこで

『土曜日の三遊氣』として

学年別にお話し会を開催するといった

試みを企てました。


今回初めて開校するのですが

小学校3年生の女子から始めます。


何故❔

3年生の女子なのか❔


小学校3年生になると

自我というものが芽生えてきます。

幼少期から延長してきた気持ちが

ようやく自我の発達へと向かっていきます。


ようするに3年生~6年生までの2年間が

人格形成するとっても大切な時期なのです。


今回のテーマは

「心情」と「感情」についてです。


心情とは人との結びつきで浮かぶもの

感情とは何かについて浮かぶもの

この「何か」と「誰か」を両立できれば

自己主張が変わってきます。


自己主張が変われば行動が変わってきます。

行動がかわれば脳が発達してきます。

ようするに

行動によって性格が

決まってくるということです。


この大切な時期を

三遊氣流のレジリエンス教育として

活動してゆきたいと考えています。



*レジリエンスとは*

外的な衝撃にも、ポキット折れることなく

立ち直ることのできる「しなやかな強さ」




最新記事

すべて表示